建学の精神

明治維新の中心人物だった西郷隆盛(号は南洲)の遺訓の中に

「敬天愛人」という言葉が出てきます。ここで指す”天”とは

天地自然を司る道理のこと。”敬”とは守ること。

すなわち物事の正しい道筋。正しい論理を守ること。

”人”とは自己を含む人類すべてを指すと同時に、人々によって

築かれる生活や社会をも意味します。

”愛人”とは自分と同じように他人へも愛情を持ち、思いやりの

心をもって接するということ。

この「道理を守り、人とその営みを愛す」の信念に感銘を受け

た創立者・長戸路政司は此を学園の基本精神とし、その志を伝

えるために学園の名を「敬愛」としました。